クリスマスのかくれんぼ クリスマスのかくれんぼ
作・絵: いしかわ こうじ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
大人気!「これなあに?かたぬきえほん」のスペシャル版です。ツリーやトナカイなどクリスマスのいろいろがいっぱい登場します。

このよでいちばん大きな男の子」 てんぐざるさんの声

このよでいちばん大きな男の子 作:キムセシル
絵:クォンジェリョン
訳:かみやにじ
出版社:少年写真新聞社
本体価格:\1,700+税
発行日:2005年02月
ISBN:9784879811936
評価スコア 3.82
評価ランキング 31,032
みんなの声 総数 10
「このよでいちばん大きな男の子」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 最後にハングル表記の原作載ってます。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子12歳

    この絵本を手にして、一番「あれ?」と、思ったのは出版社さんの名前でした。
    実は、この出版社さんを絵本で見たのは初めて。検索で調べてみたら、学校教育など関連(調べ学習)に使う作品を多く出版しているようでした。
    もしかして、この出版社さんが絵本を出したのは初めてかもしれませんね〜。

    この絵本は、本編は日本語邦訳で書かれていますが、最後の方に、紙芝居などの解説でよく見る感じですが、各ページを小さくしてハングル文字(原作)のままこういうハングル文字で書かれているんだよ〜。みたいな、(解説?)が載っていました。
    「少年写真新聞社」さんならではのこだわりなんでしょうね。
    ハングル語が、パズルみたいに見えて仕方ない私には、この「ハングルの仕組み」という音の合わせ方の図解は、わからないながらも、言葉としては理解できました。

    絵はクォン・ジェリョンさんという方が描いていて、個性的で楽しい「大きな男の子」の世界を見せてくれています。
    真ん中辺りに、これだけ大きいんですよ〜といわんばかりの仕掛の見開きがあり、
    見ごたえがありました。
    物語としても、面白い作品です。
    小学校の4年生以上のお子さんたちにいかがでしょうか?
    なにしろ、大きな男の子の絵なので、大切なシーンは遠目もよく聞きます。

    掲載日:2012/12/28

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「このよでいちばん大きな男の子」のみんなの声を見る

「このよでいちばん大きな男の子」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / はじめてのおつかい / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おでんしゃ
    おでんしゃの試し読みができます!
    おでんしゃ
    作:塚本 やすし 出版社:集英社 集英社の特集ページがあります!
    コンビニのおでんを見て思いついた楽しい知育絵本。おでんしゃ、出発しまーす!


『雪ふる夜の奇妙な話』『夜の神社の森のなか』大野隆介さんインタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(3.82)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット