もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

マドレーヌのクリスマス」 夏の雨さんの声

マドレーヌのクリスマス 作・絵:ルドウィッヒ・ベーメルマンス
訳:江國 香織
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2000年11月
ISBN:9784892387791
評価スコア 4.26
評価ランキング 17,717
みんなの声 総数 53
「マドレーヌのクリスマス」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • この絵本には「クリスマス」とついていますが、どちらかというと「マドレーヌ」シリーズの中の一冊といった方がいいかもしれません。
     それほど「マドレーヌ」シリーズは世界中の子供たちに愛されてきた女の子だからです。
     作者の¬ルドウィッヒ・ベーメルマンスは1898年にオーストリアで生まれています。16歳でアメリカに渡って絵の勉強をして、パリで「マドレーヌ」シリーズのインスピレーションを得たと、この絵本の巻末には書かれています。
     1962年に亡くなっていますから、もう随分昔の人ですが、今でも絵本作家として人気があります。

     人気の秘密はその絵の独特なタッチでしょう。
     現代のコミックエッセイに描かれるような軽い線描のタッチが国籍を超えた人気を生んだともいえます。
     きっと彼のタッチで勉強した現代のイラストレーターも多いのではないかしら。

     さて、物語はクリスマスの前の夜のことです。
     マドレーヌが暮らしている古い屋敷には12人の女の子が一緒に暮らしていますが、なんとその夜にはみんな風邪をひいて寝込んでいます。ただ「おちびで、ゆうかんな」マドレーヌだけが元気で、みんなの世話をしてあげています。
     そこに絨毯売りがやってきます。彼はなんと魔術師でもあるんです。
     なので、この魔術師の術で女の子たちは魔法の絨毯にのって家族のところに行ったりします。
     クリスマスの夜って、なんだかそういうミラクルなことが起こりそうな気がします。
     マドレーヌという「おちびで、ゆうかんな」女の子の魔法かもしれませんが。

    投稿日:2019/12/24

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「マドレーヌのクリスマス」のみんなの声を見る

「マドレーヌのクリスマス」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / からすのパンやさん / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『おむつのなか、みせてみせて!』10万部突破記念! ヒド・ファン・ヘネヒテンさんインタビュー

みんなの声(53人)

絵本の評価(4.26)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット