ぼんやきゅう ぼんやきゅう
文: 指田 和 絵: 長谷川 義史  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
亡くなったひとたちと、いまを生きているものとの交信、それが、盆野球。

ぼくのおにいちゃん しょうがいってなあに」 はしのさんの声

ぼくのおにいちゃん しょうがいってなあに 作:星川ひろ子
写真:星川 ひろ子 星川 治雄
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1997年
ISBN:9784097272236
評価スコア 4.13
評価ランキング 22,322
みんなの声 総数 7
「ぼくのおにいちゃん しょうがいってなあに」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 笑顔の家族

    • はしのさん
    • 40代
    • パパ
    • 神奈川県
    • 男の子11歳、女の子9歳

    「そんなに障害者の本が作りたかったら、自分の息子で作れ」といわれて作った本。本の著者の二人は「おにいちゃん」の両親。文は、弟の目を通して語られる。重度の知的障害、視力障害、てんかんの発作。でもいつも笑ってるおにいちゃん。「ぼくのおにいちゃんって、なんでみんなのおにいちゃんとちがうの?」パパにいいました。「う〜ん、そうだねえ。たしかにみんなのおにいちゃんとちがうけど、ひできだって、ふっくんやしゅうちゃんとちがうよね。パパやママもおにいちゃんもみんなちがう人だろう。人にはそれぞれもち味っていうのがあってね、みんなちがう味がするんだよ。」ともだちに「おまえのおにいちゃんはなんでいつもよだれをながしてるんだ」ときかれて、もうともだちを家に連れてくるのをやめようと思うところがとても正直だし、歯医者さんに「おにいちゃんに虫歯がないのはよだれのおかげかもしれない」と聞かされ、今度はともだちにそう答えようと思うところなどもホントに正直。
    今は成人式を迎えたこどもの昔のアルバムをめくりながら作られた本。写真もさすがプロ、良い顔が多い。最後に四人でジャンプしている写真、見ていてとってもうれしくなった。

    投稿日:2006/10/09

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ぼくのおにいちゃん しょうがいってなあに」のみんなの声を見る

「ぼくのおにいちゃん しょうがいってなあに」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / くだもの / だるまさんが / がたん ごとん がたん ごとん / ちょっとだけ / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】第2回「鬼遊び」シリーズ 廣嶋玲子さんインタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.13)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット