しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

どんなかんじかなあ」 YUKKOさんの声

どんなかんじかなあ 作:中山 千夏
絵:和田 誠
出版社:自由国民社
本体価格:\1,500+税
発行日:2005年07月
ISBN:9784426875060
評価スコア 4.78
評価ランキング 453
みんなの声 総数 50
  • この絵本のレビューを書く
  • 心して読んで欲しい作品

    • YUKKOさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子8歳、女の子5歳、女の子3歳

    「障害者」という言葉を使うのには個人的に抵抗があります。
    ハンディキャップのある人の気持ちを理解しようと努める態度自体は
    とてもいいと思います。
    私の学生時代、ほかの学科の学生達が心理学か何かの授業で
    2人組を作って、1人が目隠しをした相方の手を引いて
    地下鉄に乗って、目的地を往復するという試みをしていました。

    この試みによって「目が見えないと不便である」という実体験は出来ると思うものの、
    どこまで視力を失った人たちの気持ちを慮ることが出来るでしょう。
    目の見えない人の中には生まれつきの方もいらっしゃれば
    病気や不慮の事故に起因して途中から…という方もいらっしゃいます。
    視力がなくなった時の気の遠くなるような絶望感まで思いを巡らせることが
    果たして出来ているのでしょうか。

    私の叔母は生まれつき聴力がありません。
    叔母が2歳の頃、医師からそう宣告された時の衝撃的なショックな気持ちを
    今は亡き祖母が生前、回想しながら何度も私に語ってくれました。
    祖母のつらい気持ちや苦労、そして叔母の不便さや大変さは
    身内として間近で見聞きして多少は理解しているつもりでいました。
    でもこの作品を読んで、私の微々たる理解など理解のうちには入らないのだと
    改めて真摯に受け止めています。

    この作品は平成18年度の課題図書(低学年用)に指定されました。
    図書ボラのメンバーさん達とこの作品について意見交換したのですが
    低学年のお子さんが読むには内容が重すぎ、また難しすぎるというのが
    私たちの見解です。決して軽々しく読んで欲しくありません。

    投稿日:2006/06/23

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「どんなかんじかなあ」のみんなの声を見る

「どんなかんじかなあ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / からすのパンやさん / もこ もこもこ / いないいないばあ / はじめてのおつかい / どうぞのいす / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(50人)

絵本の評価(4.78)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット