ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト

最後の子供たち」 風の秋桜さんの声

最後の子供たち 作:グードルン・パウゼヴァング
訳:高田 ゆみ子
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
税込価格:\855
発行日:1984年05月
ISBN:9784093813013
評価スコア 4
評価ランキング 29,912
みんなの声 総数 1
「最後の子供たち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 17歳の少年が語る

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    ヨーロッパに”核”が落ちたある日の夏・・・
    少年は淡々と4年間どのように暮らしてきたのか語ります
    「見えない雲」を書いた作者が東西の均衡が危ぶまれていた1982年に書かれてます

    少年の言葉からは「核反対」とか叫ぶ場面はなく、核爆弾が落とされた現状と、その後の生活をまったくそのまま語っていることが、かえって恐ろしさを感じます

    あまりにも次々と人が亡くなっていく情景に「死」に対して無頓着になってしまう人間の愚かさを、読んでいる自分の中にも感じ、はっとします

    平和ボケしすぎている日本人が本当に世界の中でたった一つの被爆国であるという意識が、いったいどこまで持ち合わせているのか・・?

    はたまた、あえて平和ボケするように、操作されているのか・・・
    自分はどう生きるのか、という強いメッセージを与えられた気がします
    もうすぐ終戦記念日・・・・
    やはり真剣に平和について考えるべきだと思います

    投稿日:2011/08/11

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「最後の子供たち」のみんなの声を見る

「最後の子供たち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「絵本 チコちゃんに叱られる」シリーズ チコちゃんの「エピソード:ゼロ」のおはなし

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット