宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

岩波少年文庫 ランサム・サーガ(4) 長い冬休み 上」 capellaさんの声

岩波少年文庫 ランサム・サーガ(4) 長い冬休み 上 作:アーサー・ランサム
訳:神宮 輝夫
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\720+税
発行日:2011年07月15日
ISBN:9784001141764
評価スコア 4.33
評価ランキング 13,562
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く
  • 冒険心にあふれた子どもたちのお話

    イギリスの児童文学作家、アーサー・ランサムの12巻からなる
    ランサム・サーガと呼ばれているシリーズの第4巻、とても長くなってしまった冬の休暇のお話です。
    活発で、冒険心にあふれた子どもたちの様子が生き生きと描かれています。
    舞台はカンブリア湖水地方。
    ディクソン農場に冬休みの最後の一週間を過ごしにやってきたカラムきょうだいが、ナンシーの率いる探検隊と出会います。
    自分たちで作ったイグルーにD姉弟を招き、二人にモールスや手旗信号を教え、さらに、自分たちの信号も作ります。
    スケートに橇、毎日の冒険が終わりかけた頃、ナンシーがおたふくかぜになり、彼らは更に、潜伏期間の一か月を、学校に行かないで過ごすことになりました。
    この巻で、手に汗握ってどきどきしたのは、岩場で動けなくなって衰弱した羊の救出劇でした。
    そのあとの、ディクソンのおじさんとの関わりもとてもあたたかいものです。

    投稿日:2017/02/07

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「岩波少年文庫 ランサム・サーガ(4) 長い冬休み 上」のみんなの声を見る

「岩波少年文庫 ランサム・サーガ(4) 長い冬休み 上」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ほら穴にいるのはどんな” ちちゃこい” いきもの?

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット