あきぞらさんぽ あきぞらさんぽ
作: えがしら みちこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
いろんな秋に、会いに行こう!

フォア文庫 ××(バツ)天使」 みちんさんさんの声

フォア文庫 ××(バツ)天使 作:令丈 ヒロ子
絵:宮原 響
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\650+税
発行日:2011年09月
ISBN:9784265064267
評価スコア 3.5
評価ランキング 35,068
みんなの声 総数 1
「フォア文庫 ××(バツ)天使」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 人間界へ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    人間界へ実習に出された天使パイのお話。
    解説にもあったのですが、1990年代前半に出版されたお話ですが、たしかに古くさいとは感じませんでした。
    ××(バツ)天使というのは絶対に天使になれないと決められた者のことで何百年かに一人らしいです。その××天使にパイはなってしまうのか!?
    三角関係の当人になっても三角関係のことが分からなかったり、やっぱりパイは天使だけあって人間とはズレてるなーと思いました。そこも面白いのですが(笑)。

    投稿日:2015/06/12

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「フォア文庫 ××(バツ)天使」のみんなの声を見る

「フォア文庫 ××(バツ)天使」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かえるがみえる
    かえるがみえるの試し読みができます!
    かえるがみえる
    作:松岡 享子 絵:馬場 のぼる 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    かえるがみえる、かえるがかえる、「える」の変化だけで愉快なお話が生まれます!言葉の手品みたいな絵本


大人気シリーズ第二弾「家族がいるって、どんなかんじかな」

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット