宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

宮沢賢治の絵本 蛙のゴム靴」 おしんさんの声

宮沢賢治の絵本 蛙のゴム靴 作:宮沢 賢治
絵:松成 真理子
出版社:三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2011年10月01日
ISBN:9784895881258
評価スコア 4.59
評価ランキング 4,350
みんなの声 総数 16
  • この絵本のレビューを書く
  • ゴム靴ごときで…

    三匹のカエル、カン蛙、ブン蛙、ベン蛙の一見仲の良さそうなカエルたちの会話から始まるこのお話が、このような展開、そして結末を迎えるとは、とても想像がつきませんでした。
    またまた現れる、宮沢作品ならではの言葉の数々は、読むものを不思議な世界へと引き込んでいきます。
    カン蛙は大変な思いをして、人間界で流行っているゴム靴を手に入れます。カン蛙という名前のとおり、知恵ものです。なんかそのとったりやったりの場面での面倒臭い出来事なんかも事細かに描かれています。
    そのお話をうまく表現した絵もまた素晴らしいと思います。迫力あるシーンの色遣いもかなり独創的、そして、大勢のカエルたちの登場シーンもなかなか圧巻です。

    投稿日:2014/07/03

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「宮沢賢治の絵本 蛙のゴム靴」のみんなの声を見る

「宮沢賢治の絵本 蛙のゴム靴」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

かいじゅうたちのいるところ / おこだでませんように / うずらちゃんのかくれんぼ / どうぞのいす / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.59)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット