おつきみおばけ おつきみおばけ
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
お月見の夜、おばけの子は泣いているうさぎの子をなぐさめてあげようと、おばけの子はお月見団子に化けてあげました。すると・・・。

いのちの ふね」 RAFITさんの声

いのちの ふね 作:鈴木 まもる
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2011年09月
ISBN:9784061324824
評価スコア 4.38
評価ランキング 10,565
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く
  • 大好きな祖母(101歳)との別れ

    • RAFITさん
    • 40代
    • その他の方
    • 熊本県
    • 女の子15歳、男の子8歳

    2月に他界した子供の頃から、大好きだった祖母。
    少しづつ、命の力が弱くなる様子を前にして、切なかった時に出会った本です。

    本屋さんで見たときには その場で泣いてしまいました。
    何度読んでも、泣いていたのですが、段々とその涙の意味が変わっていくのが分かりました。

    今ではこの本を読むことで、祖母の様子を想像して、楽しくなってきます。

    本当に大切な1冊です。
    この本に出会ったことで 命を伝える 絵本らいぶを開催したりもしました。

    子ども達にも、大人にも 素敵な本だと思います。

    投稿日:2013/04/30

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「いのちの ふね」のみんなの声を見る

「いのちの ふね」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / わすれられないおくりもの / おじいちゃんがおばけになったわけ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


【えほんdeみらい】高原かずきさん 永井みさえさん インタビュー

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット