いっしょにあそぼ しましまぐるぐる いっしょにあそぼ しましまぐるぐる
絵: かしわら あきお  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
0歳0カ月から!赤ちゃんもママも楽しい「しまぐる」は、プレゼントにピッタリです★

ピートのスケートレース ―第二次世界大戦下のオランダで―」 なみ@えほんさんの声

ピートのスケートレース ―第二次世界大戦下のオランダで― 作:ルイーズ・ボーデン
絵:ニキ・ダリー
訳:ふなとよし子
出版社:福音館書店
本体価格:\1,500+税
発行日:2011年11月
ISBN:9784834026672
評価スコア 4.67
評価ランキング 2,090
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く
  • 勇気ある人々に乾杯!

    第二次世界大戦下のオランダの話。10才の男の子ピートは、じいちゃんから大役を任されます。ドイツ兵から身を隠す必要のある近所の子ども二人を隣国のベルギーに送り届けるようにと。

    オランダでは冬、凍った運河をスケートで滑ることが移動手段の一つです。ピートはスケートが得意。子ども三人がスケートをして遊んでいるふりをして運河を滑り、国境を越えるのです。

    兵士の目をごまかせるでしょうか?道は間違えないでしょうか?まだ7才の小さな子はついてこれるでしょうか?でも、行くしかない。「・・わたしたちオランダ人はね、運河でスケートをするのが好きなだけじゃない、ほんとうはとても勇敢なのよ」という母さんの言葉を胸にして。

    ピートの勇気もさることながら、大切な孫、息子のピートを信頼して送り出すじいちゃんと母さんの勇気もまたすごいものです。戦時下という特殊な場面では、否応なく人は強くなるものなのでしょうか。我が身の危険を顧みず隣人のために力を尽くす・・。同じオランダで、隠れ家に住むアンネフランクの一家を支えたミープ・ヒースさんのことなども思い出されました。たくさんの人への謝辞に作中の人々の関係者と思われる名前が多数あり、事実を元にして書かれた本なのだろうと推測されます。このことに気づいてから再読すると、より胸にせまるものがありました。

    また、スケートが暮らしの中に根づいているオランダのお国柄、気候・風土など、日本とまた違う暮らしを知ることができました。子どもたちにとっては、視野を広げ、勇気あるピートの行動から学び、読むことによって自分もまた成長することのできる本だと思います。

    投稿日:2014/06/18

    参考になりました
    感謝
    2

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ピートのスケートレース ―第二次世界大戦下のオランダで―」のみんなの声を見る

「ピートのスケートレース ―第二次世界大戦下のオランダで―」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / はじめてのおつかい / じゃあじゃあびりびり / どうぞのいす

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット