なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ひとりぼっちのちびゴジラに、ともだちできた!

りゅうになったちいさなこい 竜門点額」 にぎりすしさんの声

りゅうになったちいさなこい 竜門点額 文:李 鳳翔
絵:楊 永青
訳:君島 久子
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,165+税
発行日:1988年08月
ISBN:9784338069076
評価スコア 4
評価ランキング 24,184
みんなの声 総数 2
「りゅうになったちいさなこい 竜門点額」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 中国の創作絵本です
    中国の諺に 「龍門点額」 魚が滝を登りきれば龍になれるという諺のお話しです
    詩人の白楽天(白居易)が魚の滝を登る姿を見ていたのです
    ある時 赤い鯉が滝を登ろうとして 白楽天のいる崖におちてきます
    水をかけて鯉を助けてあげるのです
    その時そこに現れたのは 小さな裸の男の子がいたのです
    白楽天は子どもから一年に一度もう5回も挑戦しており、過去にたくさんの魚が滝登りに失敗して 死んでいった話を聞いて   来年子どもが跳ぶのを見に訪れます。

    男の子が何度も挑戦する姿  白楽天は 応援するのです
    この二人の共同の力でとうとう 龍門を跳び越え龍となった男の子
    りりしく美しい白竜となって
     
    白楽天は男の子の努力に心惹かれたのでしょう
    お話しですが 勇気をもらえるお話しです

    君島久子さんの訳  絵も素晴らしく生き生きと迫力があります

    中国の創作絵本の素晴らしさを見せていただきました

    投稿日:2016/09/16

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「りゅうになったちいさなこい 竜門点額」のみんなの声を見る

「りゅうになったちいさなこい 竜門点額」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット