オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
ジョージ大好きさん 40代・ママ

こっちも楽しいよ
ワタナベさんという絵本が好きだったので…

障がいって、なあに?」 レイラさんの声

障がいって、なあに? 作・絵:オードリー・キング
訳:久野研二
出版社:明石書店
本体価格:\1,300+税
発行日:2004年
ISBN:9784750319162
評価スコア 4.33
評価ランキング 13,968
みんなの声 総数 2
「障がいって、なあに?」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 障がい者が描く「ゆかいなおはなし」

    • レイラさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子12歳、男の子9歳

    作者は幼少時のポリオによる四肢まひだそうです。
    当人が描く「障がい者」は、要するに健常者となんら変わることの無い、
    いたずら好きであったり、怠け者もいる、と
    ユーモアたっぷりです。
    障がい観の歴史には私も初めて知った衝撃的な事柄もあり、
    また、興味深く冒険の一つ!という視点は新鮮でした。
    絵本のスタイルなので、本文128ページでも、
    次男9歳はあっという間に読破。
    別に薦めたわけではなく、私が自分用に図書館で借りてリビングの棚に置いていたら、
    いつの間にか読んでいました。
    最近は小学校でもバリアフリーは積極的に教えてくれるみたいで、
    教科書に点字の浮き出し実物があったり、手話つきで合唱したり。
    長男も車いす体験、アイマスク体験などもしていました。
    だからこそ、もう一歩踏み込んだ当人からのメッセージは貴重です。
    訳者もデリケートなニュアンスに苦労されたみたいですが、
    とてもリズミカルでいいです。
    何より「障害者」ではなく「障がい者」という表記にうれしくなりました。

    投稿日:2005/11/02

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「障がいって、なあに?」のみんなの声を見る

「障がいって、なあに?」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / こんとあき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本 オランダ<後編>

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット