新刊
しごとのどうぐ

しごとのどうぐ(偕成社)

この道具を使うのはどんな職業の人?なぞときにもなる、かっこいい絵本

  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる

不思議な文通 グリフィンとサビーヌ」 まどかめさんの声

不思議な文通 グリフィンとサビーヌ 訳:小梨 直
著:ニック・バントック
出版社:河出書房新社
税込価格:\2,670
発行日:1992年10月
ISBN:9784309202044
評価スコア 4.33
評価ランキング 16,131
みんなの声 総数 2
「不思議な文通 グリフィンとサビーヌ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • ミステリアスな恋愛ストーリー

    絵本というよりは小説(?)といったほうがいいくらい、読み応えのある本です。
    大学時代、友人にプレゼントしてもらったもので、当時は辞書を片手に読んでいたんですが、後になってこの絵本の日本語版が出ているということを知り、訳本を読んでみることに。

    原書で読んでいたときより、話の内容がクリアーになりました。
    (改めて、英語力不足を実感・・・)
    内容は、一人の孤独な画家と不思議な女性との手紙のやりとりを通して描かれた恋愛ストーリーなんですが、とにかくミステリアスなお話で、最後まで謎に包まれています。でも、その分、いろいろな解釈ができて面白い。

    中身は、本物の手紙形式になっているので、まるで主人公になったような気持ちで読むことができます。
    封筒やポストカードに描かれている幻想的な絵にも、主人公の心理状態が反映されていて、非常に興味深い。
    中にはちょっとグロテスクな感じのものもありますが、人間の心の光と影を描いたこれらの作品、個人的にはとても惹かれるものがあります。

    投稿日:2012/02/17

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「不思議な文通 グリフィンとサビーヌ」のみんなの声を見る

「不思議な文通 グリフィンとサビーヌ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どひょー
    どひょー
    出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    おすもうさんは おどろいた どひょうが いなくなっちゃった! どこいったぁ〜?


えほん新定番 from 好書好日 新井洋行さん

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット