あきまつりピーヒャラおはやしの日! あきまつりピーヒャラおはやしの日!
作: ますだ ゆうこ 絵: たちもと みちこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
行事絵本シリーズ最新巻!

子どものための世界文学の森(1) 若草物語 」 かわゆいゆいさんの声

子どものための世界文学の森(1) 若草物語 絵:小林 和子
訳:谷口 由美子
原作:ルイザ・メイ・オルコット
出版社:集英社 集英社の特集ページがあります!
本体価格:\850+税
発行日:1994年03月
ISBN:9784082740016
評価スコア 4.33
評価ランキング 12,222
みんなの声 総数 2
「子どものための世界文学の森(1) 若草物語 」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 名作の持つ力

    名作と言われる作品もそろそろ読んでも良い
    年頃になったので、可愛いもの、女の子大好きな
    娘に若草物語を選びました。

    アメリカ東部、それも南北戦争の頃の家庭のお話で、
    ダンスパーティ、キリスト教の聖書、髪を売って
    お金を貰うなどと子供にとって全く想像もつかない世界
    のようでしたがページをめくるや物凄い真剣な表情で
    最後まで一気に読破してしまいました。

    適度にイラストも入っていて字も大きめです。
    巻末には作者の紹介や、若草物語のその後も
    書かれていてとても親切です。(続若草物語を始め
    数々の続編があったとは知らなかった...)
    四姉妹が恋をする続編はもう少し大きくなってから、
    この名作を扱ったシリーズをこれからこつこつと
    読んでいきたいと思っています。

    読み終わってからまだ三日しか経っていないのに
    早くも4度目の読破が近いです。作品の持つ力に
    名作たるゆえんを感じました。

    投稿日:2012/02/07

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「子どものための世界文学の森(1) 若草物語 」のみんなの声を見る

「子どものための世界文学の森(1) 若草物語 」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / どうぞのいす / いないいないばああそび

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お子さんやお孫さんと話をしながら読みたい、心やすらぐ絵本

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット