新刊
やきざかなののろい

やきざかなののろい(ポプラ社)

「ぼくは、やきざかながきらいです。やきざかながでると、食べ散らかして食べたふりをします」え〜っ、そんなことして、いいの?!

  • 全ページ

妖怪一家九十九さん(1) 妖怪一家 九十九さん」 天使のケーキちゃんさんの声

妖怪一家九十九さん(1) 妖怪一家 九十九さん 作:富安 陽子
絵:山村 浩二
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2012年01月
ISBN:9784652013298
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,820
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く
  • たけのこ

    【子どもレビュー】(小5・女の子)
    妖怪が住んでいる町ってわくわくします。
    神社や人気(ひとけ)のない道などにもいるかもしれません。
    妖怪は、たけのこに似ていると思いました。たけのこはひっそり
    と生えていて、気付きにくいからです。
    そして、気付かれないと、どんどん育って竹になってしまいます。
    私の身近な所にも妖怪は、いるんじゃないかと思えてきました。


    クリックして拡大

    投稿日:2015/03/04

    参考になりました
    感謝
    2

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「妖怪一家九十九さん(1) 妖怪一家 九十九さん」のみんなの声を見る

「妖怪一家九十九さん(1) 妖怪一家 九十九さん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / うずらちゃんのかくれんぼ / どうぞのいす / おつきさまこんばんは / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おおかみのはなし
    おおかみのはなし
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ことば遊び絵本『はやくちこぶた』の三びきのこぶたとおおかみが繰り広げる楽しいお話


ずっと変わらない瞳…小鳥と少女の心の交流を描いた感動作

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.6)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット