新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ

世の中への扉 福島きぼう日記」 てんぐざるさんの声

世の中への扉 福島きぼう日記 作:門馬 千乃 門馬 健将 門馬 海成
絵:篠崎 三朗
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2012年03月15日
ISBN:9784062175395
評価スコア 4.5
評価ランキング 7,774
みんなの声 総数 3
「世の中への扉 福島きぼう日記」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 「3きょうだい」の避難生活日記

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子20歳、女の子15歳

    この本は東北大震災後、福島第1原発から20キロ圏内に住んでいた3きょうだい〈姉・弟・弟〉の震災後の日記です。それが毎日新聞福島版で連載されていたものをまとめたのが本書でした。

    子どもたちの目線で、避難生活の大変さ、楽しさ、つらさが描かれています。きっと本当はもっと怖かったり辛かったりしたのかもしれません。
    でも、このきょうだいたちは舞ちにを前向きに元気に生きています。
    なので、この作品はとても生き生きしていました。
    子どもたちの言葉で、子どもたちの感じたことが書かれているので、同年代の読み手にもとても分かり易いと思います。
    『日記』という形態で書かれているので、1章1章がとても短く、文を読むのが苦手なお子さんでも結構スラスラ読めそうです。
    小学校高学年から中学生・高校生のお子さんたちにお薦めします。

    投稿日:2015/06/01

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「世の中への扉 福島きぼう日記」のみんなの声を見る

「世の中への扉 福島きぼう日記」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / だるまさんが / もこ もこもこ / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



 【連載】10月の注目の新刊&オススメ絵本紹介

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット