宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

絵本 地獄」 ムスカンさんの声

絵本 地獄 監修:宮 次男
構成:白仁 成昭 中村 真男
装幀:貝原 浩
レイアウト:貝原 浩
出版社:風濤社
本体価格:\1,500+税
発行日:1980年08月
ISBN:9784892190957
評価スコア 4.17
評価ランキング 19,963
みんなの声 総数 23
  • この絵本のレビューを書く
  • 昼間に読んでよかった。

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子3歳

    8歳の息子が小学校の図書室から借りて来ました。

    確か数年前にすっごく話題になった一冊で、
    タイトルと表紙の恐ろしげな絵には記憶があった私。

    話題の本を借りてくるなんてなかなかヤルな、と思いながら
    一緒に読みましたが、
    ものすごく、リアル・・・。

    地獄に行ったオトコが、生前の善行で情状酌量の余地を認められ、
    なんとか戻ってくるという体験談になってますが、
    地獄に落とされた人々の叫びや、
    地獄の説明なんかが、本当にとってもリアル。

    この絵本はノンフィクションなんじゃないかと、
    思わず大人の私でもゾッとしてしまうほどです。

    ただ、悪いことも見られてるけど、
    いいことも、見られてるんだよ、というメッセージも伝わってきて、
    全部が全部、マイナスの地獄方向への矢印ではないのが、
    とっても救われます。

    ちょっと長いお話でしたが、かなり引き込まれるように
    一気に読んでしまった私と息子。
    是非小学生のみなさんにオススメしたいと思います。
    でも、寝る前は、やめたほうがいいよ。
    私と息子は読んだのが昼間でよかったと思いました。

    投稿日:2015/06/16

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「絵本 地獄」のみんなの声を見る

「絵本 地獄」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / いないいないばあ / もこ もこもこ / ぐりとぐら / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット