もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

チビねずくんのクリスマス」 ルートビアさんの声

チビねずくんのクリスマス 作:ダイアナ・ヘンドリー
絵:ジェーン・チャップマン
訳:くぼしまりお
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2005年10月
ISBN:9784591088388
評価スコア 4.29
評価ランキング 14,475
みんなの声 総数 16
  • この絵本のレビューを書く
  • サンタこなかったね

    「チビねずくんのながーいよる」を読んでからというもの、
    息子はチビねずくんにたいそう惹かれているようです。
    いきつけの本屋さんで平積みされているのを見ると、「チビねずくんだ!ねえ、おかあさん、チビねずくんだよー」と毎回同じことを繰り返します。
    あの、今月、もうすでに、ン冊絵本を購入しているので、来月にしてほしいんですが…
    しょうがないので、緊急措置として、図書館で借りてくることにしました。

    クリスマスの用意をする、チビねずくんと、オオねずくん。
    チビねずくんは、ひいらぎを探しに外へでます。
    そこで、いくつもの驚くべきものに出会います。
    ちぎれてくる空、水の中のへんてこな生き物、追いかけてくる透明怪獣、白い大きな白ねずみ怪獣。
    あわてふためくチビねずくん、本当に可愛いです。
    親視点から見ると、「空がちぎれてくるなんて、雪だるまを知らないなんて、ありえないだろ、そりゃ」なんですが、
    子どもは、「ちがうんだよ、ねー」ととても得意そうです。
    いつもながら、絵がとても可愛らしく、丁寧に描かれていて、
    息子はこの世界にどっぷりと入り込んで、楽しんだようです。

    ただ、最後に息子は「サンタこなかったねー」と残念そうに言いました。
    「こ、これから来るんじゃない?」とあわててフォローしたのですが…。
    どうやら、うちの子どもにとって、クリスマスにサンタはかかせないようです。

    掲載日:2006/11/16

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「チビねずくんのクリスマス」のみんなの声を見る

「チビねずくんのクリスマス」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / バムとケロのにちようび / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / くだもの / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『タヌタヌ探偵〜水玉シーツ事件〜』<br>アートユニット”uwabami”インタビュー

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット