新刊
つきをなくしたクマくん

つきをなくしたクマくん(文溪堂)

谷口智則さん最新刊!つきをなくした二人の物語

新刊
ワニのガルド

ワニのガルド(偕成社)

おーなり由子が描く、さびしい人だけに見えるワニと女の子のお話。

  • ためしよみ

干がたは海のゆりかご −東京湾の海を守る−」 Pocketさんの声

干がたは海のゆりかご −東京湾の海を守る− 文:川嶋 康男
絵:すずき もも
出版社:絵本塾出版
税込価格:\1,870
発行日:2012年03月29日
ISBN:9784904716717
評価スコア 4.33
評価ランキング 15,353
みんなの声 総数 2
「干がたは海のゆりかご −東京湾の海を守る−」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 海のゆりかごの大切さを再認識

    干潟の埋め立ては生き物たちの生きる場を奪うものであり、生き物としての人間の生活の場を奪うものである

    これはこの本を発行した思いとして、ほんの裏表紙の帯に描かれている文章です。

    経済優先の現実が自然を壊し、海を犠牲にすれば取り返しのつかない自然破壊が起こることを気づいてほしという気持ちで書かれた作者の想いが伝わってくる内容でした。

    自然が大好きで干潟には何度も足を運んでいる我が家にとっても、なくしてほしくない守ってほしくない環境の一つです。

    干潟は、自然が作ったまさにタイトル通りの海のゆりかごです。
    赤ちゃんは流されないように守られたり、隠れるところがたくさんあるから生き物が卵をうみつけにきたりします。

    それが人間の手によって埋め立てられることはとても残念な話です。

    人間がより良い生活をしていく為にはある程度必要なことなのかもしれません。
    でもこれを読むと、このゆりかごを守りたいという気持ちを強くさせます。

    海のゆりかご

    このタイトルもとても意味深で、私たちに多くの課題を投げかけてくれているように思います。
    自然を少しでも守っていきたい!

    そう感じさせてくれる本です。

    投稿日:2017/01/09

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「干がたは海のゆりかご −東京湾の海を守る−」のみんなの声を見る

「干がたは海のゆりかご −東京湾の海を守る−」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こうもり
    こうもりの試し読みができます!
    こうもり
     出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
    こうもりって、かわいい! 都会に住むアブラコウモリの生態を描いた生き物絵本。


ゾロリと3つの試練に挑んでプログラミング思考を育てよう

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット