すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

12月通り25番地」 さえら♪さんの声

12月通り25番地 作:ヘレン・ウォード
絵:ウエイン・アンダースン
訳:岡田 淳
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2005年11月
ISBN:9784776401483
評価スコア 4.62
評価ランキング 3,046
みんなの声 総数 12
「12月通り25番地」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 女の子の表情に注目です

    まずお話よりも先に印象的なのはイラストが不思議!ということ。
    女の子やお人形の表情がちょっと怖げで決してかわいいとは言えないのだけれど
    全体的にふんわりした優しさを醸し出しているんですよねェ。
    それは多分点描のようなタッチだからでしょうか。
    あんまり美術関係には明るくないので的外れだったらすみません^^;
    25番地のそのお店には女の子以外にもう一人だけお客さんがいました。
    その人が誰なのか女の子がお店に入る前のページから
    実は私よりも娘が先に見破りました。
    お店の外にチラリと見えたあるモノを目ざとく見つけたからです。
    「あ!●●●●がいる!」と。読み聞かせる私の方は活字を追うほうがメインなので
    ついつい絵の細部に注目ができず気づかなかったのです。
    「すごいねー気づいたんだ〜」と私が褒めると
    めちゃくちゃ得意げにページをめくります(〜_〜;)
    漢字が多くてルビを振っていないものもあるので娘には難しいかな・・・と思ったのですが
    思いのほか楽しんだ様子です。
    ラストで空から降ってきたものももちろんだけれど
    女の子の贈り物をしたいという優しい気持ちを汲んでくれて
    12月通り25番地に連れてくるっていう神様の計らいもなかなかステキですね★
    クリスマスの香りにつつまれた女の子。
    いったいどんな香りかな?って想像すると楽しいですね。
    さしずめ私ならやっぱり甘いケーキの香りかな
    始めは眉間にしわが入ったような女の子の顔が
    ラストには柔らかな表情に変わって行くというほんとうに優しい絵本です。

    掲載日:2007/12/20

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「12月通り25番地」のみんなの声を見る

「12月通り25番地」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / だるまさんが / うずらちゃんのかくれんぼ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / しろくまちゃんのほっとけーき / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ねこすけくん なんじにねたん?』木田哲生さん、 伊東桃代さん、さいとうしのぶさん インタビュー

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット