貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

クリスマスの三つのおくりものセット」 しょこらぷりんさんの声

クリスマスの三つのおくりものセット 作・絵:林 明子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,650+税
発行日:1987年
ISBN:9784834030303
評価スコア 4.93
評価ランキング 3
みんなの声 総数 27
  • この絵本のレビューを書く
  • 優しい気持ちになりたい方へ・・・

    手のひらサイズのミニ絵本、小さな子には返って読みにくいのでは?と思いましたが、
    この可愛らしさは新鮮だったようで、すぐに娘のお気に入りになりました。

    林さんの温かく丁寧な絵は健在で、どのページもクリスマスの優しさや幸福感があります。

    私はメルヘン調のふたつのいちごのお話が好きですが、娘はもっくんのズボンのお話が好きで、特に最後に出て来る「クリスマスのおおさわぎ」という曲は何度も何度も歌わされました。

    考えてみると、どれもあり得ないお話なのに
    なぜか親しみを持てて、幸せのおすそ分けをしてもらっているような・・・
    そんな心温まるセットです。
    優しい気持ちになれます。

    掲載日:2013/03/29

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「クリスマスの三つのおくりものセット」のみんなの声を見る

「クリスマスの三つのおくりものセット」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / からすのパンやさん / バムとケロのおかいもの / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / あっちゃんあがつく たべものあいうえお

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


新潮文庫3200万部刊行、星 新一の小説が絵本に!

みんなの声(27人)

絵本の評価(4.93)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット