宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

クリスマスの三つのおくりものセット」 ちるちるみちるさんの声

クリスマスの三つのおくりものセット 作・絵:林 明子
出版社:福音館書店
本体価格:\1,650+税
発行日:1987年
ISBN:9784834030303
評価スコア 4.93
評価ランキング 3
みんなの声 総数 27
  • この絵本のレビューを書く
  • 手のひらサイズ

    最初は、三冊のうちの一冊を「はじめてのおつかいの人だ〜」とたまたま図書館で借りてきたのですが、他の本をそっちのけで何度も何度も読んでとせがむので、他の本も借りてみました。
    一冊だけでも、子どもの手のひらサイズで温かい絵で、楽しめる絵本なのですが、三冊読むと子ども、ケーキ屋さん、サンタさんとそれぞれの立場から同じストーリーが展開されていて面白いんです。
    あまりにお気に入りなので、購入しました。
    林明子さんの作品は、昔懐かしい感じがしますが、今も昔も良い絵本は子供を惹きつけるんだなと実感した絵本でした。

    投稿日:2014/02/28

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「クリスマスの三つのおくりものセット」のみんなの声を見る

「クリスマスの三つのおくりものセット」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / からすのパンやさん / バムとケロのおかいもの / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / あっちゃんあがつく たべものあいうえお

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!
  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    どんぐりちゃんの一生を描いた韓国のやさしい翻訳絵本


ママ・パパが感動で涙。全米100万部突破の絵本、ついに邦訳!

みんなの声(27人)

絵本の評価(4.93)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット