でんぐり ごろりん でんぐり ごろりん でんぐり ごろりんの試し読みができます!
作: ふくだ じゅんこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
でんぐりしたら、どうなると思う? えー!?って、言っちゃうよ、きっと!

スーフと白い馬」 にぎりすしさんの声

スーフと白い馬 文・絵:いもと ようこ
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2012年05月02日
ISBN:9784323072449
評価スコア 4
評価ランキング 22,421
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く
  • スーホの白い馬(大塚勇三:作*赤羽末吉:絵)の絵本は私の大好きな絵本です
    私が保育士の時子どもたちに心を込めて読み伝えた絵本です

    いもとようこさんの文・絵のスーフと白い馬は お話は同じようですが、絵がいもとさんの優しい絵ですから・・・・
     
    二つを読み比べると 私は 「スーホの白い馬」の絵本の方が心に残る絵本です!

    いもとさんの絵本で心に残ったのは
    白い馬が矢でいられ赤く染まった絵  みごとな透明感があり どきっとさせられました
    白い馬が夢に現れ、スーフが馬頭琴を作るところです。
    なにからなにまで 白い馬の体でできた 馬頭琴(真っ白なんです)

    モンゴルにある馬頭琴はこんなに白くありませんがこれも 効果的な描き方だと感じました
     
    いもとようこさんの解説のところを読むと 「馬頭琴の演奏が 馬のいななく声、蹄の音が響きわたり  まるでそこに 馬たちがかけぬけているようだった・・・・・・まさに 馬頭琴だ! と書かれていてます

    これを読むと すごいな〜  馬頭琴の演奏を聴いてみたいと思いました

    このお話はモンゴルに伝わる 悲しいお話です

    投稿日:2015/03/12

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「スーフと白い馬」のみんなの声を見る

「スーフと白い馬」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はじめてのおつかい / どうぞのいす / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / からすのパンやさん / うずらちゃんのかくれんぼ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(5人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット