新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト

うらしまたろう」 ヒラP21さんの声

うらしまたろう 文:令丈 ヒロ子
絵:たなか鮎子
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2012年05月23日
ISBN:9784061325050
評価スコア 4.56
評価ランキング 5,589
みんなの声 総数 31
  • この絵本のレビューを書く
  • 「うらしまたろう」ならば知っていると思っていたのですが、読んでみるととても奥の深さを感じさせられます。
    これだけ数多く出されているお話もあまりないのではないのでしょうか。
    お話にもバリエーションがあり、描き方にも作者の思いがあり、ファンタジーであったり、ラブストーリーであったり、メルヘンであったり、ヤングアダルト系だったり…。
    艶っぽい乙姫様がいたリ、可愛い乙姫様がいたり…。
    この令丈ヒロ子版のお話は極めてオーソドックスな展開ですが、アレンジはラブストーリー系。
    たなか鮎子さんの描き方は昼ドラ系です。

    竜宮城には乙姫様とおつきの女官だけ、うらしまたろうが乙姫様にうっとりしてしまったり、新婚生活のような竜宮城の生活だったり、うらしまたろうが「一度故郷に帰ってくるよ」などと語るのは、連れあいの里帰りのようではありませんか。

    うらしまたろうが竜宮城で甘い生活を送っている間の三百年。
    死んでしまったお母さんは可哀そうですね。

    なぜか、『てんぐのかくれみの』二本立てになっていましたが、『てんぐのかくれみの』が可哀そうでした。

    投稿日:2012/09/05

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「うらしまたろう」のみんなの声を見る

「うらしまたろう」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / ねないこ だれだ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / はじめてのおつかい / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



2月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(31人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット