となりのトトロ となりのトトロ
原作: 宮崎 駿  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

わらしべちょうじゃ」 きのるみさんの声

わらしべちょうじゃ 文:石崎 洋司
絵:西村 敏雄
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2012年05月23日
ISBN:9784061325074
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,434
みんなの声 総数 35
  • この絵本のレビューを書く
  • 絵本が大好きなわが子。
    そろそろ、日本の昔話を読んであげたいなと思っていたときに
    絵本ナビさんで紹介されたのが、
    この講談社の「よみきかせ日本昔話」シリーズでした。
    年齢別になっているので、娘にぴったりの絵本を選んであげられそうです。

    実は、娘はとっても恐がりで、やさしくて、さみしがり屋。
    鬼の出てくる話は、読めません。
    弱いものいじめをするお話も読めません。
    お別れするお話も読めません。
    だから、桃太郎、かぐやひめ、うらしまたろう、つるのおんがえしも、きっとだめです。
    このシリーズは、そういう子がいることがわかっているかのように、
    3.4歳からの絵本では、鬼も弱いものいじめもお別れもでてきません。
    どれにしようか迷いましたが、
    「わらしべちょうじゃ」は、自分が貧しいにもかかわらず、
    困った人を助けるやさしい主人公が、幸せになるというお話。
    ぜひ、娘に読んであげたいと思いました。
    絵も、娘の大好きな「どうぶつサーカスはじまるよ」の作者の西村敏雄さんです。

    届くとすぐに「よんで」というので、一緒に読むことにしました。
    見ること、聞くことが、初めてで新鮮だったようです。
    文章をよめば、
    「わらしべって、なに?」
    「かんのんさまって、なに?」
    と、はじめから質問だらけ。
    絵を見たら見たで、
    くるまは牛車、来ている服も今とは違うので、
    興味しんしん。
    絵は西村さんが、当時のことをきちんと調べて絵にされたということなので、安心です。
    娘が目を輝かせて絵本に見入ったり、質問したり、自分の考えをいったりする姿は、とっても可愛く、また成長を感じました。
    あっという間に時間が過ぎて、気がついたら1時間ほどたっていました。
    とても素敵な時間でした。

    最後のページに、文を書かれた石崎洋司さんから「おうちの方へ」と題して、メッセージがありました。
    とてもいい文章で、絵本への理解も深まりました。
    ぜひ、また石崎さんの本を読みたいと思いました。

    めいやおい、友人にもプレゼントしたいと思います。

    投稿日:2012/12/08

    参考になりました
    感謝
    2

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「わらしべちょうじゃ」のみんなの声を見る

「わらしべちょうじゃ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / もこ もこもこ / くだもの / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



西日本新聞社オススメの児童書8冊でレビューコンテスト開催!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット