ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
手遊びうたから人気の童謡まで、200曲を美しいイラストともに収録。歌詞、楽譜付き!

だいじょうぶだよ、ゾウさん」 西の魔女さんの声

だいじょうぶだよ、ゾウさん 作:ローレンス・ブルギニョン
絵:ヴァレリー・ダール
訳:柳田邦男
出版社:文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2005年11月
ISBN:9784894234383
評価スコア 4.79
評価ランキング 378
みんなの声 総数 62
  • この絵本のレビューを書く
  • こんなふうにゆったりと死を迎えたいですね

    • 西の魔女さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子15歳、男の子11歳

    ゾウさんは 死期が近づき 
    もうすぐ旅立たなければならないのがわかっているのに
    とても落ち着いています。
    それにひきかえ ゾウさんと仲良しの幼いネズミは
    ゾウさんを見送る心の準備が出来ていないようでした。
    月日はめぐり
    日に日に弱っていくゾウさんを見ているうちに 
    ネズミも幼くはなくなり 
    そして、お別れしなければ…と思えるようになったのですね。

    自分も幼かった頃は 死ぬことがとても怖かったのを覚えています。
    (親の死なんて もう怖くて怖くて考えるのも嫌だったし。)
    今は 怖いというよりも 子ども達を遺していくのが辛い…
    そんな風に気持ちが変わった感じです。
    これで子ども達が 私の元から巣立ったりしたら
    その辛さもなくなっていくのかもしれないな…。
    この絵本を読んで そんなことを考えました。
    親の死についても 考えたくないっていうのは変わらないけど
    いつか必ずやってくる、避けられないものというふうに
    確実に変化しています。

    「死」の概念とは 
    人が成長するにつれて変わっていくもの。
    受け入れられるようになっていくもの。
    そういうものなのかもしれません。

    このゾウさんは人生を十分生き抜いたのでしょう。
    ネズミも ゾウさんとの時間を十分に過ごしたのでしょう。
    送る側も 送られる側も
    こんなゆったりとした気持ちで死を迎えられるのは理想ですね。

    投稿日:2008/11/11

    参考になりました
    感謝
    4

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「だいじょうぶだよ、ゾウさん」のみんなの声を見る

「だいじょうぶだよ、ゾウさん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / としょかんライオン / チリとチリリ / にじいろのさかな / どんぐりころころ おやまへかえるだいさくせん / ぼくはちっともねむくない

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



宇宙の姿が味わい深いイラストを通してわかる学習しかけ絵本

全ページためしよみ
年齢別絵本セット