すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
てつじんこさん 30代・ママ

遊びかた無限大
5歳の息子が楽しめそうだと思い購入しま…

だいじょうぶだよ、ゾウさん」 ぼのさんの声

だいじょうぶだよ、ゾウさん 作:ローレンス・ブルギニョン
絵:ヴァレリー・ダール
訳:柳田邦男
出版社:文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2005年11月
ISBN:9784894234383
評価スコア 4.79
評価ランキング 364
みんなの声 総数 62
「だいじょうぶだよ、ゾウさん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 大切な人との別れを乗り越える

    • ぼのさん
    • 40代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子12歳、女の子10歳、女の子5歳

    新聞でも取り上げられた、話題作だそうです。
    私は全然知らなかったけれど、「お子さんたちに読んであげて」と、夫がベテランの同僚から借りてきて、読んでくれました。

    幼いネズミと年老いたゾウが、互いをいたわり、守りながら、大きな木の下で、暮らしていました。
    いよいよ死期が近づいたことを悟ったゾウは、ある日、ネズミをゾウの国が見える入り口まで連れて行きます。
    ゾウの国・・・年をとったり、病気が重くなったゾウたちが、死に場所として行かなければならないところ・・・の前は深い谷になっていて、細いつり橋を渡っていかなければなりません。
    ところが、つり橋が途中でこわれていて・・・???

    幼いネズミは、最初はゾウとの別れを受け入れられません。でも、月日が経ち、心が成長するにつれて、ゾウにとっての本当の幸せを考えられるようになり、とうとう自分からつり橋を直しに行きます。

    祖母との思い出(実話)を元に、絵本にしたという作者。
    幼い子に、死の話をするのはタブー視されていた背景があり、こういうテーマの絵本は少ないような気がします。(代表的なのが『わすれられないおくりもの』でしょうか?!)
    でも、本当は、いつか別れがくることを、こんな風に伝えてあげられたらいいですね。

    このネズミのように、心の準備ができればまだいいのですが、実際は突然の家族の死によって、何の心構えもないところに放り出されてしまう、多くの人たちがいることも、心の片隅にでも、忘れずにいたいものです。

    掲載日:2006/01/27

    参考になりました
    感謝
    5

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「だいじょうぶだよ、ゾウさん」のみんなの声を見る

「だいじょうぶだよ、ゾウさん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / としょかんライオン / チリとチリリ / にじいろのさかな / どんぐりころころ おやまへかえるだいさくせん / ぼくはちっともねむくない

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「がまくんとかえるくん」シリーズ 三木卓さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット