猫忍 見習い忍者陽炎太とネコの父上 猫忍 見習い忍者陽炎太とネコの父上
作: 橋本 愛理 絵: 月戸  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
ドラマ&映画版「猫忍」の主人公である陽炎太(かげろうた)の幼少期を描く、スピンオフノベライズ作品!

だいじょうぶだよ、ゾウさん」 もぐもぐもぐもぐさんの声

だいじょうぶだよ、ゾウさん 作:ローレンス・ブルギニョン
絵:ヴァレリー・ダール
訳:柳田邦男
出版社:文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2005年11月
ISBN:9784894234383
評価スコア 4.79
評価ランキング 364
みんなの声 総数 62
「だいじょうぶだよ、ゾウさん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 残すもの

    大切な人との別れは、生きていて何度体験するのでしょうか。
    昔は家で出産することもあったり
    家でお年寄りを看取ることもあったり、と
    死というものと生きるということが身近にあったのだと思います。
    昨日まであった命がなくなること
    昨日はなかった命が生まれること。
    どちらも生きていく上で大切なことですが
    現代の子どもにとってそれは身近なではありません。

    死ぬことはつらく悲しいことかもしれませんが
    自分を大切におもってくれた人と
    その感情を共有したり、最後の最後まで寄り添うあうこと、
    それこそが本当の意味での別れとなるのかもしれません。
    死ぬというのは終わるということではなく
    残された者に対して「何か」を残すものだとおもいました。

    掲載日:2016/10/22

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「だいじょうぶだよ、ゾウさん」のみんなの声を見る

「だいじょうぶだよ、ゾウさん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / としょかんライオン / チリとチリリ / にじいろのさかな / どんぐりころころ おやまへかえるだいさくせん / ぼくはちっともねむくない

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ミキハウスの「宮沢賢治の絵本」シリーズ  とことん語ろう!座談会

全ページためしよみ
年齢別絵本セット