ナージャの5つのがっこう ナージャの5つのがっこう
著: キリーロバ・ナージャ 絵: 市原 淳  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
どんな教室だったらたのしいと思う? 読んでみよー、考えてみよー!

だいじょうぶだよ、ゾウさん」 たれ耳ウサギさんの声

だいじょうぶだよ、ゾウさん 作:ローレンス・ブルギニョン
絵:ヴァレリー・ダール
訳:柳田邦男
出版社:文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2005年11月
ISBN:9784894234383
評価スコア 4.79
評価ランキング 372
みんなの声 総数 62
  • この絵本のレビューを書く
  • 心に種をまきました。

    • たれ耳ウサギさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 女の子15歳、女の子13歳、女の子11歳

    去って行く。二度と戻ることのないところへ。大切な大好きな人が目の前をゆっくりと…。

    どんなに悲しいだろう。でも、受け入れなくちゃならないのね。残されたネズミを思うと胸の奥がしめつけられました。

    年老いたゾウと幼いネズミが仲良く楽しく助け合って暮らしていました。でも、ゾウには行かなくてはならない所があります。『ゾウの国』、なくなったゾウのお父さん・お母さん・友達のいるところ。でも、ゾウがいなくなるなんてネズミは考えたくもありません。ゾウがますます年老いて行く中、ネズミは成長して、どうすることがゾウの幸せなのか、考えられるようになりました。

    我が家では、まだ身近な人の死を経験したことがありません。なので、ネズミの本当の痛みや悲しみを共感することは出来ていないのかもしれません。でも、いつか必ず経験せざるを得ないその時に、きっとこの本を思い出すに違いありません。

    投稿日:2006/09/28

    参考になりました
    感謝
    5

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「だいじょうぶだよ、ゾウさん」のみんなの声を見る

「だいじょうぶだよ、ゾウさん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / としょかんライオン / チリとチリリ / にじいろのさかな / どんぐりころころ おやまへかえるだいさくせん / ぼくはちっともねむくない

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『なんびきのねこたちおどる?』犀の工房・出口有加さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット