新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

新刊
うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 海のいきもの

うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 海のいきもの (小学館集英社プロダクション)

お子さまの塗ったぬりえが、アニメーションになる!フランス生まれの画期的なぬりえシリーズ!

  • かわいい
  • 盛り上がる

「映画カントクは中学生!」 ヒラP21さんの声

映画カントクは中学生! 作:艸場よしみ
出版社:汐文社
税込価格:\1,540
発行日:2012年01月
ISBN:9784811388779
評価スコア 3
評価ランキング 0
みんなの声 総数 1
「映画カントクは中学生!」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 沖縄を舞台とした映画「やぎの冒険」。
    この映画で、沖縄ではやぎを食べるのだということで驚きましたが、それ以上に監督が中学生であることに、とても驚きました。
    プロの大人の中で、中学生が監督として映画を作っていく。
    信じられない話ですが、その主人公である仲村颯悟さんについて書かかれた本です。
    小学生のころからビデオカメラで「映画」を撮り始めた仲村さん。
    独学ながら、映画の基本をしっかりと身につけたこと、ホームセンターに通いながら映画道具を工夫して作ったこと、どれもが映画に対する熱意と探究心があったからこそでしょう。
    仲村さん周りに、映画を作るための仲間も集まりました。
    そして、アマチュアの世界から、劇場を作るまでに活躍しています。
    映画「やぎの冒険」では、仲村さんが撮りたい映画を作るために、大人に対してしっかりと意見をいうこと、登場人物の子どもたちを同じ視点から捕えるために、じぶんの視点にこだわったこと、これはそう簡単にできることではありません。
    すべては仲村さんの映画に向ける熱い思いのなせる業だったのです。

    子どもたちが、自分の夢を将来どのように実現していくか。
    まずは、夢をしっかりと持っているというここでしょうか。
    自分の夢を実現するためには、努力や工夫が必要だとも語っています。
    自分の夢を自分のものにするためには、しっかりと意見を言うことも重要でしょう。
    中学生で映画監督をして、高校に入ったばかりの若者が、とてはっきりと子どもたちへのメッセージを伝えてくれていると思います。

    投稿日:2012/06/01

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「映画カントクは中学生!」のみんなの声を見る

「映画カントクは中学生!」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

みんなの声(1人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット