虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…

太陽へとぶ矢」 レイラさんの声

太陽へとぶ矢 作・絵:ジェラルド・マクダーモット
訳:神宮 輝夫
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:1975年
ISBN:9784593500154
評価スコア 4.42
評価ランキング 10,176
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く
  • 太陽という存在

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子21歳、男の子19歳

    アメリカのプエブロインディアンに伝わるおはなしを基にした作品。
    昔、太陽の神は、命の力を矢に宿し、大地に向かって飛ばします。
    その矢によって、ある娘が懐妊し、男の子が生まれます。
    やがて成長した男の子は、父親探しに出かけます。
    大人たちは誰も相手にしてくれませんが、
    唯一、聡明な弓作りの古老がその正体を悟り、太陽神のところに届けてくれます。
    太陽神のもとでも、数々の試練を経て、ようやく息子と認めてもらい、
    再び大地に戻るのです。
    独特のグラフィックな絵は、神秘的な世界に共鳴して、滋味深いです。
    太陽という存在を、古代の人々がどのようにとらえていたかがわかりますね。
    矢というアイテムが、交信手段というのも興味深いです。
    成長において数々の試練を体験させるというのも、インディアンに特徴的ですね。
    やや抽象的な絵なので、ちゃんと理解できるのは、小学生くらいからでしょうか。

    投稿日:2015/04/06

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「太陽へとぶ矢」のみんなの声を見る

「太陽へとぶ矢」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / はじめてのおつかい / まどから おくりもの / ぼちぼちいこか

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



みやこしあきこさん×シドニー・スミスさん インタビュー

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.42)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット