ぼんやきゅう ぼんやきゅう
文: 指田 和 絵: 長谷川 義史  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
亡くなったひとたちと、いまを生きているものとの交信、それが、盆野球。

太陽へとぶ矢」 押し寿司さんの声

太陽へとぶ矢 作・絵:ジェラルド・マクダーモット
訳:神宮 輝夫
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:1975年
ISBN:9784593500154
評価スコア 4.42
評価ランキング 10,647
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く
  • 表紙の強烈な絵に惹かれて図書館から借りてきました。

    アメリカのプエブロインディアンの神話をテーマにして描き上げた

    現代的センスに溢れた作品だとありました。

    太陽の神が、命の力を一本の矢にかえ、大地に向けて飛ばした

    矢が、娘に当たり、男の子が生まれた。男の子は、父親さがしに

    出かけ、矢つくりの老人にあい、老人は、男の子が太陽の神の子

    だとわかり、男の子を一本の矢にかえて、太陽に向けて飛ばした

    のです。証拠を見せてもらう為、ライオンの部屋・ヘビの部屋・

    はちの部屋・稲妻の部屋の4つの部屋を順番に通り抜けた

    男の子でした。男の子は、再び、矢のかわり、矢は大地に戻り

    男の子は」、矢からおどりでて村にに戻った。

    一番よかったのが、村人たちが、帰って来た太陽の息子を

    喜んで迎えたことでした。もう、いじめられないと思うとほっと

    しました。

    投稿日:2019/06/15

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「太陽へとぶ矢」のみんなの声を見る

「太陽へとぶ矢」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / はじめてのおつかい / まどから おくりもの / ぼちぼちいこか

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本 オランダ<後編>

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.42)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット