話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
博物館の少女 怪異研究事始め

博物館の少女 怪異研究事始め(偕成社)

富安陽子が描く明治時代×あやかしミステリー!

  • ためしよみ

まぼろしの薬売り」 風の秋桜さんの声

まぼろしの薬売り 作:楠 章子
絵:トミイマサコ
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
税込価格:\1,430
発行日:2012年06月26日
ISBN:9784251073037
評価スコア 4
評価ランキング 30,399
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く
  • 仙人から教えられた妙薬

    時は明治。時雨(しぐれ)と言う薬売りと小雨(こさめ)という元気な小僧が、旅をしながら不思議な病と懸命に向き合う様子が4編で構成されています
    時雨の作る薬は師匠の雷雨(らいう)という仙人から教えられた妙薬でほかの誰にもまねが出来ない
    しかし皆が助かるためにと決して秘密にすることなく、広く広めていくすばらしい人間である
    物語の中で小雨との出会いや、自身の生い立ちが明かされていくが、二人とも「命」にかかわる体験をしています
    そして時雨にはもうひとつ秘密にしていることが・・・・
    それぞれの話に出てくる「病」は聞いたことがないようなものばかり
    村人たちの心温まる対応も印象に残ります
    物語には続きがありそうな気がします
    小学校中学年くらいから読めると思います

    投稿日:2012/11/12

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「まぼろしの薬売り」のみんなの声を見る

「まぼろしの薬売り」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


ボロボロ絵本コンテスト開催中!

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット