宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

みんなのはなび」 Pocketさんの声

みんなのはなび 作・絵:おくはら ゆめ
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2012年07月10日
ISBN:9784265081189
評価スコア 3.89
評価ランキング 34,271
みんなの声 総数 18
「みんなのはなび」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 美しく描かれた花火と・・

    八月にぴったりな花火の絵本。
    色彩も、薄暗い墨色っぽいバックの中に浮かび上がる花火の色とのコントラストがきらきらしていて鮮やかで夜空に浮かび上がる様子が伝わってきます。
    花火の大きさ、音の大きさ、臨場感が溢れています。
    感動したみんなが花火になってしまう場面も幻想的で素敵です。

    あまりにもの感動で、おしっこをもらすっていう行動は犬にもよくあるし、なんとなく理解できます。
    でも、4,5歳の子どもって、花火の絵本として聞いていたにも関わらず、多分、この次のページからはおしっこもらしたタヌキにばかり目が行ってしまうと思うのです。
    「おしっこ」このワードだけで笑えるのが子どもですから。
    それがおしっこもらした!となって、次のページもそのまた次も・・みんなでおしっこ漏らしたページまであるので、多分綺麗な花火の感想よりも
    「おしっこ漏らしたね」という印象が強くなってしまいそうな気がしてしまいました。
    私的には、花火がとっても美しい絵本なので、最後まできれいな花火だけの印象で終わりたかったなーというのが正直な感想です。
    美しく描かれた花火のストーリーとおしっこがどうも似合わないようななくてもよかったような。そんな気もしてしまいました。

    投稿日:2017/08/04

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「みんなのはなび」のみんなの声を見る

「みんなのはなび」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「ちいさなエリオット」シリーズ 作者・マイク・クラウトさん 翻訳者・福本友美子さん対談

みんなの声(18人)

絵本の評価(3.89)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット