アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

とかげのしっぽ」 くりこきなこさんの声

とかげのしっぽ 文:椋 鳩十
絵:松井孝爾
出版社:新日本出版社
本体価格:\1,068+税
発行日:1981年09月25日
ISBN:9784406007887
評価スコア 4.5
評価ランキング 7,215
みんなの声 総数 3
「とかげのしっぽ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 生命の不思議

    図書館で偶然にも新日本動物植物えほん<Vリーズを知り、子供にもきっと身近であるであろうとかげが取り上げられているこちらの本を借りてみました。表紙のとかげのしっぽは青色をしています。結婚して今の地に引っ越してから、初めてしっぽが青色にピカピカ光るとかげを街で目にしました。最初は今までに見たことのない種類のとかげかと思いましたが、本を読むととかげの子供なんだとわかりました。私は、とかげといえば、胴体からしっぽまで同じ茶色をしたとかげしか見たことがなかったのです。そして、小さなとかげには天敵がたくさんいて生きていくのにずいぶん苦労するなぁと思いました。また、生まれてすぐにお母さんから離れて自分だけで生きていかなくてはいけないのは、自然の厳しさを感じました。正直、とかげなんて、ちょっと気持ち悪いとさえ思っていたのですが、この本を読みながらとかげに愛着さえ感じました。とかげの尾は切れてもまた生えてくることは知ってはいたものの、切れた方の尾がピンピン動き、その動きにちゅういを向けている間に逃げるとは、なんとも上手く出来ている!なにか神秘的なものを感じました。この本を通して、命の不思議について、色々な動物、自然に興味を持ってくれたら嬉しいです。

    投稿日:2016/10/31

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「とかげのしっぽ」のみんなの声を見る

「とかげのしっぽ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット