宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

あまやどり」 てんぐざるさんの声

あまやどり 文:市川 宣子
絵:陣崎草子
出版社:文研出版
本体価格:\1,200+税
発行日:2012年07月30日
ISBN:9784580821583
評価スコア 4
評価ランキング 24,378
みんなの声 総数 2
「あまやどり」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 一生懸命なお姉ちゃんが語り手です。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子17歳

    表紙絵からとても暖かいものを感じます。
    小さな姉弟(きょうだい)の小さな冒険の物語です。
    冒険といっても、異世界へ出かけていくような大冒険ではなく、近所の公園で、雨に濡れて動けない子スズメを助けるお話ですが、小さな子どもにとって、小さな生き物を助けるというのは、結構大きなできごとではないでしょうか。

    70ページで半分以上は挿し絵が入っている短いストーリーの幼年童話で、語り手のお姉ちゃんが一生懸命考えたり行動したりしている姿がけなげに描かれていました。

    下の子が生まれたたばかりで手がやけたり、やんちゃな下の子に手がかかっ手ばかりで上の子をかまってあげる時間がなかなか取れないとき、お昼寝タイムなどに上のお子さんに読んであげたらいいかなぁと、思いました。

    投稿日:2017/03/25

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「あまやどり」のみんなの声を見る

「あまやどり」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • みかんのひみつ
    みかんのひみつ
    作:鈴木 伸一 監修 絵:岩間史朗 写真 出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
    冬の代表的な果物、みかん。みかんの実の特徴やなり方などを美しい写真で紹介します。


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット