宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

おもちのきもち」 ぴょーん爺さんの声

おもちのきもち 作:かがくい ひろし
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2005年12月
ISBN:9784061323230
評価スコア 4.76
評価ランキング 625
みんなの声 総数 118
  • この絵本のレビューを書く
  • お餅は、美味しいです!

    お餅は、美味しいから幾つでも食べられます。つきたてのお餅が特に美味しいです。食べられるお餅の気持ちなど考えずに食べてました。小さい時に、御鏡さんを杵で搗いて、御鏡さんを作った残りは、あんこ、きなこ、大根おろしで食べたりしました。とても懐かしかったです。のしもちも沢山作りました。鏡餅が逃げ出したり、自分でお餅を食べたりする行為がおもしろかったです。お餅の気持ちを知ってもやっぱりお餅は美味しいので食べたいです。

    投稿日:2008/12/20

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「おもちのきもち」のみんなの声を見る

「おもちのきもち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / おおきなかぶ / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / ぐりとぐら / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

全ページためしよみ
年齢別絵本セット