しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

へっこきよめさま」 ぽこさんママさんの声

へっこきよめさま 文:令丈 ヒロ子
絵:おくはら ゆめ
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2012年08月23日
ISBN:9784061325210
評価スコア 4.47
評価ランキング 8,319
みんなの声 総数 37
  • この絵本のレビューを書く
  • おおらかな空気

    おおらかな空気が漂っていていいなあと思います。
    ものすごい「へ」をするよめさまだから「家にはおいて
    おけない」と里に返しに行くあにさま。
    昔ってきっとそんな風に「よめ」を突き返してしまうことが
    多かっただろうなあって思うし、それは現代の感覚からいったら
    ちょっと酷いんじゃないの?って思ってしまうのですけれど
    この絵本を読んでいてもちっとも酷いなどとは感じられない。
    それはきっと原因が「へ」だからでしょうね。
    ずっこけちゃう(笑)。
    「へ」だったら仕方がないかって思っちゃう(笑)。
    昔のよめさまは、でも、こうしてつらい状況を力強い物語に
    かえてふんばるしかなかったのですね。。

    娘はとってもこの話が気に入ったようで(確か何年か前にも
    他の『へっこきよめさま』は読んだことがあるはずなんですけど
    忘れてしまっているようです)、何度も読みました。
    小さな子どもは「へ」が好きでテンションあがったり
    ふざけたりしますが、そういった感じではなく、静かに何度も。
    なにに揺り動かされたのかなあ。「へ」がおもしろいと
    いうよりこんなにも威力のある「へ」が不思議だと思ったのかなあ。
    それとも、おくはらゆめさんが描く「よめさま」がとっても
    かわいらしいのに、強いパワー(「へ」ですけど。笑)を
    持っているという、そのギャップがおもしろかったのかなあ。

    気に入った絵本を読むと物語を描く娘。
    早速描いていました。
    タイトルは『むかしばなし よめさま ママと子どもの本』。
    しかしこの絵本の中のよめさまは「へ」をするのではなく
    「へび」をみると嫌な顔をするそうで(笑)。
    あにさまは「いえにはたくさんのへびがいるからそんなよめは
    いえにはおけんなー」と言っている(笑)。
    きっと「へ」から「へび」を連想したんですね、娘。
    子どもの想像力って大人とは全く違うからおもしろいです。

    「おはなし もうひとつ」は『ねずみのすもう』。
    編集された方は意識されたのかどうかわかりませんが、
    『へっこきよめさま』と同じように弱い立場のもの(やせたねずみ)が
    強い立場のもの(ちょうじゃのねずみ)と楽しくすもうをとる
    物語です。
    読んでいてむくむくと元気になりました。

    投稿日:2012/12/07

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「へっこきよめさま」のみんなの声を見る

「へっこきよめさま」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / からすのパンやさん / 14ひきのあさごはん / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

みんなの声(37人)

絵本の評価(4.47)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット