宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ひともじえほん」 リリィティナさんの声

ひともじえほん 出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\390+税
発行日:2011年
評価スコア 4.67
評価ランキング 2,092
みんなの声 総数 5
「ひともじえほん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 人文字絵本、もう“ひらがな”の絵本なんて簡単すぎ??
    なんて思っていたら、奥が深い芸術?絵本でした。
    確かに人の体でひらがなを表している本です。
    しかし、添えられているリズムのいい文章が楽しく、ただのひらがな本ではありません。
    息子が一人で何度も何度も音読していました。

    本と一緒についてきた『絵本のたのしみ』にこちらの絵本が出来上がるまでの裏話がたくさん掲載されていました。いろいろ皆さんに意見を出し合い、楽しみながら作ったそうです。本当にそれがしっかりと反映された、読み手を楽しくしてくれる絵本です。

    投稿日:2013/02/01

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ひともじえほん」のみんなの声を見る

「ひともじえほん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / いないいないばあ / どうぞのいす / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『みずとは なんじゃ?』鈴木まもるさんインタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット