宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ピッキーとポッキー」 黒姫さんの声

ピッキーとポッキー 作:あらしやま こうざぶろう
絵:安西 水丸
出版社:福音館書店
本体価格:\900+税
発行日:1993年03月
ISBN:9784834011579
評価スコア 4.44
評価ランキング 9,123
みんなの声 総数 60
  • この絵本のレビューを書く
  • 春に読みたい絵本

    • 黒姫さん
    • 40代
    • ママ
    • 富山県
    • 女の子5歳

     母は、本が好きでたくさん買ってくれました。私や妹が読んだ絵本を大切にとっておいた母は、私の妊娠がわかると早速胎教のために読んだらと数冊の絵本を持ってきました。その中に妹が大好きだったという『ピッキーとポッキー』がありました。
     ウサギとモグラがお弁当を持ってお花見に行くお話です。持って行くお弁当がスミレのサンドウィッチなどとってもロマンチックです。三歳ぐらいになると、お話を理解して、ここを通ってここでジャンプして桜の木まで行ったんだよね。とはじめに描かれている絵地図をたどるようになりました。地図を読む第一歩になった絵本です。
     最近本屋さんで平置きされているのを見かけ、やっぱりいい本だったんだと実感しました。

    投稿日:2009/04/11

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ピッキーとポッキー」のみんなの声を見る

「ピッキーとポッキー」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / からすのパンやさん / だるまさんが / いないいないばあ / ぐりとぐら / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!
  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

みんなの声(60人)

絵本の評価(4.44)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット