虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…

うれないやきそばパン」 ゆりわんちゃんさんの声

うれないやきそばパン 文:富永 まい
絵:いぬんこ
作:中尾 昌稔
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2012年09月
ISBN:9784323033761
評価スコア 4.48
評価ランキング 8,611
みんなの声 総数 20
  • この絵本のレビューを書く
  • ノスタルジック&思いやりの気持ち

    町にある古い古いパン屋さん“カナリヤパン”。
    おじいさんのそのお店は今ではほとんどパンが売れず、
    日が暮れると売れ残ったパンたちはゴミ箱の中で悲鳴をあげる毎日。
    そんなある日、おじいさんは隣町のパンやさんに出かけます。
    そこでおじいさんが目にしたものは、
    チョコレートや生クリームたっぷりのキラキラしたパンたち!
    「もう売れ残りのパンと捨てるのはいやじゃ」とおじいさんが作り出したのは、
    新作のデニッシュパン、ポール!!
    あっという間にポールは大人気になり、
    いつも売れ残っているやきそばパンのピョンタはお店を去ることに決めました。
    でも、ある一組の親子がやってきて・・・!

    最初はなんとも切ない感じなんですが、
    読んでいくうちにだんだん心が温かくなってきて、じんわりこみ上げる幸福感!
    昔から変わらないものへの安心感と、人を思いやる温かい気持ち。
    “身を引く”って切ない愛情ですね。
    でも、けなげなピョンタも報われて良かったです。
    ポールだけがギラギラ自信満々なのも面白かったです。

    “ボンボンボンジュ〜ル♪”の歌は娘たちが面白がって何度も歌わされました(笑)。
    この本は、4歳の次女が特に気に入って何度も読みました。

    ちょっとノスタルジックな感じと個性的なパンたちが子供たちにも好評でした。
    おじいさんにも笑顔が戻って良かった!(^^)

    いぬんこさんの絵がとてもいい味出していると思います。
    おじいさんのお出掛けルックもかわいらしくていいですよ♪
    大人が読んでも面白い一冊でした(^^)。

    投稿日:2013/05/09

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「うれないやきそばパン」のみんなの声を見る

「うれないやきそばパン」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / はじめてのおつかい / からすのパンやさん / いないいないばあ / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダのパンやさん
    パンダのパンやさんの試し読みができます!
    パンダのパンやさん
     出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
    金の星社 創業100周年記念出版!パンダのパンやさんは大にぎわい。下町の銘店へ、パンの配達にでかける


みやこしあきこさん×シドニー・スミスさん インタビュー

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.48)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット