話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

わたしのいちばん あのこの1ばん」 まことあつさんの声

わたしのいちばん あのこの1ばん 作:アリソン・ウォルチ
絵:パトリス・バートン
訳:薫 くみこ
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2012年09月
ISBN:9784591130254
評価スコア 4.68
評価ランキング 1,942
みんなの声 総数 21
  • この絵本のレビューを書く
  • 考えさせる

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子5歳

    子どもは「1ばん」ってやはり好きですね。
    うちの息子たちもよくケンカになります。
    「1ばん」は1つしかないので、
    我が家でもよく我慢させたりしていましたが
    この絵本のように
    「1ばん」について考えることも
    必要だなあと感じました。

    わたしが「1ばん」じゃなくてもいいと思いながらも
    モヤモヤとあの子の芽を隠してしまうところなど、
    わかるな〜と共感しました。
    下手にきれいごとにせず、
    考えさせるいい絵本だなと思いました。

    投稿日:2020/08/16

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「わたしのいちばん あのこの1ばん」のみんなの声を見る

「わたしのいちばん あのこの1ばん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おおきなかぶ / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / はじめてのおつかい / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ただいマンモス
    ただいマンモス
     出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    ただいマンモス、おかえリンゴ!冴えわたる怒涛の連続ダジャレストーリー。ぜひとも声に出して読みなシャレ


【連載】最終回 廣嶋玲子さんインタビュー

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.68)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット