話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

パパとわたし」 クッチーナママさんの声

パパとわたし 作:マリア・ウェレニケ
訳:宇野 和美
出版社:光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2012年10月20日
ISBN:9784895728461
評価スコア 4
評価ランキング 24,648
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く
  • パパと娘の距離

    もうすぐ父の日、ということで、パパの絵本が読みたいと思って探しているときに見つけました。
    モノトーンで、とても大人っぽい絵本です。
    ときどきね、パパといっしょにいたくなる
    だけどパパはわたしといたくないときもある。
    そして、その逆もある。
    パパと娘の、微妙な距離感を描いた作品です。
    我が家の中学生になりたての娘とパパとの関係に似ているなと思いました。
    娘とパパは、程よい距離で、ずっと良い関係でいてほしいと思います。

    投稿日:2020/06/12

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「パパとわたし」のみんなの声を見る

「パパとわたし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ただいマンモス
    ただいマンモス
     出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    ただいマンモス、おかえリンゴ!冴えわたる怒涛の連続ダジャレストーリー。ぜひとも声に出して読みなシャレ


【連載】第4回『かみさまのベビーシッター』 幸介くん&ボンテン様インタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット