宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

愛についての ちいさな おはなし」 ヒラP21さんの声

愛についての ちいさな おはなし 作・絵:マリット・テーンクヴィスト
訳:野坂 悦子
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1998年
ISBN:9784338126083
評価スコア 3.8
評価ランキング 36,700
みんなの声 総数 4
「愛についての ちいさな おはなし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 愛というよりも恋?

    とても深い絵本だと思います。
    ひたすら杭の上にいる女性の心をひきつけた若者が去った後の葛藤が、悩ましいくらいに風景化されています。
    女性の心象風景を海の風景として描いた作品です。
    女性は若者を思うばかりに、果てしもなく大きな妄想を築き上げて、妄想は崩れていきました。
    …………?
    でも、これって「愛」なの?
    自分の心をはかなくするのは「恋心」ではないかしら。

    投稿日:2019/12/25

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「愛についての ちいさな おはなし」のみんなの声を見る

「愛についての ちいさな おはなし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぴょーん / ぼちぼちいこか / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / ぞうくんのさんぽ / かいじゅうたちのいるところ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『新レインボー小学国語辞典 改訂第6版』監修者・金田一秀穂さんインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(3.8)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット