新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり

みたい! しりたい! しらべたい! 日本の神さま絵図鑑 3くらしを守る神さま」 渡”邉恵’里’さんの声

みたい! しりたい! しらべたい! 日本の神さま絵図鑑 3くらしを守る神さま 監修:松尾 恒一
序文:京極夏彦
絵:宮嶋 友美
出版社:ミネルヴァ書房
税込価格:\3,080
発行日:2012年12月
ISBN:9784623064687
評価スコア 4.25
評価ランキング 21,437
みんなの声 総数 3
「みたい! しりたい! しらべたい! 日本の神さま絵図鑑 3くらしを守る神さま」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 日本全国の、いろんなタイプの神様の名前、別名、性格、エピソードなどを一挙公開しているキャラクター図鑑風の絵本。
    古事記に登場する有名な神様、民話などでお馴染みの神様、はたして「神様」に分類できるのかどうか?と微妙な立ち位置の不思議な存在などなど、割となんでもあり。
    生活の中で出会う神様はたくさんあるので、結構大変だったのでは?田んぼや川、海、森、天体などどこにでも誰かはいらっしゃるので、気をつかったのだろうか?それともいつもそばに神様がいるから安心だったのか?
     古代の人たちの気持ちはわからないけど、この絵本では、きっといつも一緒にいる安心感や親しみなどが感じられて、結構いい環境で生活できていたのだと思える。あちこちに、それこそいない場所がないくらい日本には神様や不思議な存在が満ち溢れ、いつも関わっていると感じていたなんて、日本人は結構な寂しがり屋さんだというべきか、神経が細やかであったというべきか。

     序文の京極さんのお話を読むと、込み入った神様たちのことがスッキリ理解でき、助かります。日本の神様の他に、世界の神様についてもわかりやすく書かれていて、神様ファンクラブの入門書として大変よいのではないかと思われます。合掌

    投稿日:2019/09/16

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「みたい! しりたい! しらべたい! 日本の神さま絵図鑑 3くらしを守る神さま」のみんなの声を見る

「みたい! しりたい! しらべたい! 日本の神さま絵図鑑 3くらしを守る神さま」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

いないいないばあ / ぐりとぐら / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



えほん新定番 from 好書好日さこももみさん

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット