くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

ペネロペ ようちえんへいく」 どーもさんの声

ペネロペ ようちえんへいく 文:アン・グットマン
絵:ゲオルグ・ハレンスレーベン
訳:ひがし かずこ
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\2,100+税
発行日:2004年09月30日
ISBN:9784265058839
評価スコア 4.65
評価ランキング 2,335
みんなの声 総数 62
  • この絵本のレビューを書く
  • 子供も中学生も大人も夢中!

    • どーもさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子3歳

    ペネロペのしかけ絵本シリーズです。

    この絵本は、しかけがすごいです!
    引っ張るだけじゃなく、回したり上下に動かしたり…。
    今まで出会ったしかけ絵本の中で一番楽しいです。
    初めて読んだ時は、
    「すごいよねー。よくできてるよねー。」
    と、中学生の甥や姪から大人の私達まで、替わる替わるしかけを試す始末でした。

    題名は「ペネロペようちえんへいく」ということで、幼稚園での楽しい1日が描かれています。
    幼稚園や保育園へ入園する前に読んで、幼稚園が楽しいところだということを教えてあげるのに最適な絵本ですね。
    勿論、幼稚園にまだまだ行かないお子さんでも十分楽しめる絵本です。

    掲載日:2007/06/05

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ペネロペ ようちえんへいく」のみんなの声を見る

「ペネロペ ようちえんへいく」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

ぐりとぐら / だるまさんが / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



長谷川義史さん イベントレポート&インタビュー

みんなの声(62人)

絵本の評価(4.65)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット