宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

当世落語絵本 母恋いくらげ」 スケボウさんの声

当世落語絵本 母恋いくらげ 原作:柳家 喬太郎
文・絵:大島 妙子
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2013年03月
ISBN:9784652200094
評価スコア 4.62
評価ランキング 3,255
みんなの声 総数 49
「当世落語絵本 母恋いくらげ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 母の気持ち 子の気持ち

    この絵本は、読み終わった後に、とってもあったかくて、
    幸せな気持ちになれる絵本でした。
    親くらげの気持ちと子くらげの気持ちの両方が、とても
    鮮明に描かれていて、涙あり、笑いありの、素晴らしい
    ストーリーになっています。
    不安な気持ちになっている子くらげが、みかんの皮を
    おかあさんと思ってしまうところは、せつなくて、そして、
    ちょっと笑ってしまう感じで♪
    微妙なところの感情がくすぐられ、とにかく心に残る
    絵本です。
    電気くらげだけに、「しびれる」お話でした(笑)♪

    投稿日:2015/08/03

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「当世落語絵本 母恋いくらげ」のみんなの声を見る

「当世落語絵本 母恋いくらげ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ぐりとぐら / としょかんライオン / チリとチリリ / おつきさまこんばんは / どうぞのいす / はじめてのおつかい / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


あかちゃんの視線をくぎづけにする『もいもい』しかけ絵本

みんなの声(49人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット