クリスマスのかくれんぼ クリスマスのかくれんぼ
作・絵: いしかわ こうじ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
大人気!「これなあに?かたぬきえほん」のスペシャル版です。ツリーやトナカイなどクリスマスのいろいろがいっぱい登場します。

まゆとうりんこ」 てんぐざるさんの声

まゆとうりんこ 文:富安 陽子
絵:降矢 なな
出版社:福音館書店
本体価格:\900+税
発行日:2013年04月10日
ISBN:9784834027747
評価スコア 4.8
評価ランキング 309
みんなの声 総数 19
  • この絵本のレビューを書く
  • 「おかあちゃんって、○○だ」

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子20歳、女の子16歳

    最近「やまんばむすめ まゆのおはなし」シリーズを全然読んでいませんでした。2007年に「子どものとも」で出ていて、2013年に出版されていたんですね。
    シリーズものって、人気が出て続いていくと、なんとなく同じパターンが続くばかりで、最初の「わぁ、すごい!」ってインパクトがなくなってしまうものが多いですが、
    この「まゆ」のシリーズは物語1つ1つに強い力を感じます。

    まゆが迷子のイノシシの子“うりんこ”に出会ったシーンの風景に、何度も描かれているのは≪シロツメクサ≫でした。
    ですから季節は初夏、だと思います。
    (調べたらイノシシが子どもを産むの時期はたいたい4月から5月頃でした)

    一言でこの物語をまとめると、まゆがおかあさん代わりになって、うりんこのお世話をする物語です。
    まゆは、うりんこのお世話をしながら時々つぶやきます。
    「おかあちゃんて、○○だ」……って。
    まゆがいうことで、読み手や聞き手の子どもたちは“おかあさんのおかあさとしての仕事”のことを考えたり、なにかしら気づいたりするかもしれません。

    この作品はできれば《母の日》の近くに、子どもたちに読んでみたいです。

    投稿日:2016/05/04

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「まゆとうりんこ」のみんなの声を見る

「まゆとうりんこ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しゅくだい / どろぼうがっこう / もこ もこもこ / ぐりとぐら / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


みやこしあきこさん×シドニー・スミスさん インタビュー

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.8)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット