宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ゆかいなきかんしゃ」 ミキサー車さんの声

ゆかいなきかんしゃ 作:ヤン・チャレック
絵:ズデネック・ミレル
訳:きむら ゆうこ
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2006年01月
ISBN:9784893250476
評価スコア 4.09
評価ランキング 21,733
みんなの声 総数 22
「ゆかいなきかんしゃ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 個性的

    横書きの本にしてはめずらしく三段組になっていて、字も小さいので正直言って読みにくいのですが、絵がカラフルなので字はほとんど読まずに(笑)絵だけを見て楽しんでいます。

    機関車がお布団で寝ている、というのはとても新鮮な感じがしました。

    また、おやすみなさい、で終わらずに次の日早起きして、そこで絵本がおしまいになっているところも面白いなぁと思いました。

    色んな意味で個性的な絵本です。

    投稿日:2016/06/07

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ゆかいなきかんしゃ」のみんなの声を見る

「ゆかいなきかんしゃ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / パパ、お月さまとって! / 100万回生きたねこ / からすのパンやさん / どうぞのいす / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.09)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット