いっしょにあそぼ しましまぐるぐる いっしょにあそぼ しましまぐるぐる
絵: かしわら あきお  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
「泣きやんだ!」「喜んでる!」 ママパパも大喜び! シリーズ累計185万部の大人気ロングセラー赤ちゃん絵本

文庫版 少年探偵・江戸川乱歩(17) 魔法人形」 渡辺諦さんの声

文庫版 少年探偵・江戸川乱歩(17) 魔法人形 作:江戸川 乱歩
絵:藤田 新策
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\600+税
発行日:2005年02月
ISBN:9784591084281
評価スコア 4
評価ランキング 25,914
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く
  • 生き人形がいざなう、地下世界の怪。

    • 渡辺諦さん
    • 30代
    • その他の方
    • 東京都

    昭和32年(1957年)、月刊誌「少女クラブ」に掲載された作品。
    学校帰りの小学生の女子2人が、公園で腹話術のおじさんを見つける。人形を見せてくれるというおじさんについて行ったルミちゃんは、屋敷で体の半分が人形になっているルミ子というお姉さんに出会い、自分も人形にされてしまう恐怖を味わうが…

    少年探偵団、誘拐犯、生きている人形、不思議な地下世界…ミステリーとホラーのおいしいところをてんこ盛りにした、スピード感あふれる作品。どんどん妙な方向に展開していく話に引き付けられ、一気に読み切ってしまった。人形には妙な恐ろしさや妖しさがあり、ミステリーの小道具としてはぴったりだ。

    巻末の解説(佐藤宗子:児童文学研究者」が秀逸。面白い理由がよくわかり、ツッコミどころもよくわかる。犯罪を芸術の域まで高めたかったと思われる怪人二十面相の、不思議な心理が、私にはウケるためには何でもやるお笑い芸人のように感じられたりして、妙に悪役に好意的になってしまった。

    読者の皆さん、知らない人にむやみについて行ってはいけませんよ。

    投稿日:2019/02/05

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「文庫版 少年探偵・江戸川乱歩(17) 魔法人形」のみんなの声を見る

「文庫版 少年探偵・江戸川乱歩(17) 魔法人形」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

いないいないばあ / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『ぼっちとぽっち くつしたのおはなし』まつばらのりこさん インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット